« エルアーナ、大統領、法律制定を求める | トップページ | 未成年の豊胸手術禁止へ »

2009年2月14日 (土)

治安に関する法案、上院を通過せず

Maroni_immigrati01g
移民を身元調査センター(Centri di identificazione per gli stranieri)に留めおける期限を現行の2ヶ月から18ヶ月に延長しようとする法案が上院を通過しなかった(2月5日、Corriere della Sera).

治安法案のなかで、この条項は最もあつく議論され、賛否が別れていたものである。法案が否決されてしまうと、ボッシ・フィーニ法に戻らざるをえず、60日が最大日数となる。

内務大臣のマローニ(写真)は、この否決は重大な誤りで、不法移民を取り締まる側を弱体化するものだと怒りをあらわにした。

|

« エルアーナ、大統領、法律制定を求める | トップページ | 未成年の豊胸手術禁止へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44050545

この記事へのトラックバック一覧です: 治安に関する法案、上院を通過せず:

« エルアーナ、大統領、法律制定を求める | トップページ | 未成年の豊胸手術禁止へ »