« 007/慰めの報酬 | トップページ | ベニートとラケーレの名前に1500ユーロ »

2009年2月17日 (火)

イタリアの観光業

Turismoenogastr
イタリアの観光業の相対的な位置が落ちてきている(2月8日、Corriere della Sera)。

1970年には、イタリアは外国人観光客の数が世界一多かった。しかし、その地位を滑り落ちて久しく、第五位で、フランス、スペイン、アメリカ、中国の後塵を拝している。

国連の世界観光機関の予測によれば、2020年には、イギリスおよび香港に抜かれるだろうという。

一つには、ヨーロッパ全体が観光の目的地として凋落している。1980年代には、世界の観光の3分の2を占めていたのが、10年の間に、40%へと落ちたのである。

伝統的な観光ー芸術の町、海、山ーから、緑や環境を重視する観光に変わりつつあるのだ。
実際、パタゴニア、ガラパゴス、ナミビア、ニュージーランドなどへの観光客は増加している。

観光業における競争力は、World Economic Forum によれば次の通り、

1 スイス
2 オーストリア
3 ドイツ
4 オーストラリア
5 スペイン
6 イギリス
7 アメリカ
8 スウェーデン
9 カナダ
10 フランス
11 アイスランド
12 フィンランド
13 デンマーク
14 香港
15 ポルトガル
16 シンガポール
17 ノルウェー
18 オランダ
19 ニュージーランド
20 ルクセンブルク
28 イタリア

ホテル従業員の一人当たりの生産性は次の通り(ユーロ)
ルクセンブルク 3万6500
フィンランド  3万6300
フランス    3万5100
スウェーデン  3万3400
オーストリア  3万1100
スペイン    3万1100
オランダ    2万9500
キプロス    2万7600
デンマーク   2万6900
イギリス    2万5700
イタリア    2万5400
ドイツ     2万3300
アイルランド  2万1300
スロヴェニア  2万0900
ポルトガル   1万7700


|

« 007/慰めの報酬 | トップページ | ベニートとラケーレの名前に1500ユーロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44087322

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの観光業:

« 007/慰めの報酬 | トップページ | ベニートとラケーレの名前に1500ユーロ »