« フィアット、南部の工場の命運 | トップページ | エルアーナの葬儀 »

2009年2月21日 (土)

婦女暴行に緊急措置令

482f6e0d09949_zoom
婦女暴行を犯した容疑者に対して、自宅監禁の措置をやめる新たな措置を実行する(2月16日、Corriere della Sera).

この緊急措置令は、このところ立て続けに起こった婦女暴行事件に対処するものだが、マローニ内相が、先日上院で否決された不法滞在者のセンターへの滞在期間の上限を2ヶ月から18ヶ月に延長するという案がその措置令に挿入されたため、論争を巻き起こしている。

この措置令によると、婦女暴行の容疑者は自宅監禁には出来なくなる、また、不法滞在者をCie (Centri di identificazione e espulsione)に入れる上限を現行の60日から18ヶ月に上げる。

市民によるパトロールの導入も含まれている。

|

« フィアット、南部の工場の命運 | トップページ | エルアーナの葬儀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44125167

この記事へのトラックバック一覧です: 婦女暴行に緊急措置令:

« フィアット、南部の工場の命運 | トップページ | エルアーナの葬儀 »