« モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行と基金 | トップページ | EU諸国で働くイタリア人労働者 »

2009年2月13日 (金)

自動車市場、−32%

Stor_14955624_12590
2008年と比較して、2009年1月の自動車市場は約3分の1縮小した(2月3日、Corriere della Sera).

2009年1月の新車登録台数は、前年と比較して次ぎのようになっている。

イタリア −32,64%
フランス −7,9%
スペイン −41,6%
日本   −28%
フィアット車のイタリアにおける売り上げ −32,3%
フィアット車のフランスにおける売り上げ +15,7%

イタリアの場合、台数でみると、23万4000台から、15万7500台へと減少した。この台数は、1984以来の低さである。

ベルルスコーニ首相は、自動車業界をはじめえとする経済危機に最大800億ユーロを投入する考えをしめし、その半分はEUの財源をあてるとしている。

|

« モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行と基金 | トップページ | EU諸国で働くイタリア人労働者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44045318

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車市場、−32%:

« モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行と基金 | トップページ | EU諸国で働くイタリア人労働者 »