« 治安に関する法案、上院を通過せず | トップページ | 消費刺激策の検討 »

2009年2月14日 (土)

未成年の豊胸手術禁止へ

Cristina01g
厚生次官フランチェスカ・マルティーニは、未成年の豊胸手術に制限的なガイドラインを設けることを提唱している(2月5日、Corriere della Sera).

豊胸手術は14%の少女の隠れた夢である。また、36%の少女は鏡をみて満足していないという。

厚生次官フランチェスカ・マルティーニは、「禁止という言葉は好きではない。しかし、思春期の少女は、豊胸手術が他の外科手術と同様に、危険を伴うものだと教えなければいけない」と語る。

18歳以下は危険だし、16歳以下はもっと危険だとしている。「その年で胸をいじることは、間違っている。というのも、乳腺が発達中だからです」。

一ヶ月以内に次官はガイドラインを作成する予定である。また、州ごとに胸に入れた補填物の内容を(プライヴァシーを守りつつ)登録する制度にする。いまや、豊胸手術は、年2万5000件されていると推定され、補填物のトレイサビリティーを高めることが安全性確保にもつながるとの考えだ。

|

« 治安に関する法案、上院を通過せず | トップページ | 消費刺激策の検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44051900

この記事へのトラックバック一覧です: 未成年の豊胸手術禁止へ:

» 豊胸手術についての正しい理解 [豊胸手術お奨め情報]
般 的にいわゆる自然で豊満と患者さんが思う乳房は、元々の乳房より約2カップ大きくなった乳房である。この方法は現在よく使用されている。しかしバストが大きくなるのではなくあくまでもバスト自体のサイズは変わらない。この点については大勢の人が誤解している... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 09時45分

« 治安に関する法案、上院を通過せず | トップページ | 消費刺激策の検討 »