« ルフェーヴル派、謝罪 | トップページ | ルフェーヴル派、教皇を攻撃 »

2009年2月 7日 (土)

地上派デジタル、危機

Digital140x180
地上派デジタルの普及が、予想より遅れている(1月30日、Corriere della Sera).

欧米各国のテレビ状況は次の通り(地上波はアナログとデジタルの区別をしていない。また衛星もアナログとデジタルの区別をしていない)

イギリス:地上 50%
     衛星 36%
     その他 14%

フランス 地上 50%
     衛星 22%
     その他 28%

ドイツ  ケーブル 58%
     衛星   36%
     その他  6%

イタリア 地上 62%
     衛星 36%
     その他 2%

アメリカ ケーブル 58%
     衛星   26%
     その他  16%

カナダ  ケーブル 60%
     衛星   28%
     その他  12%

イタリアでは、テレビを持っている家庭は、2384万7000家庭。地上波デジタル視聴者は、690万家庭で、28,9%。衛星デジタルは、680万家庭で28,5%となっている。

各国の地上派アナログの終了時期は次のようになっている
2006年 オランダ
2007年 スウェーデン
2008年
2009年 アメリカ
2010年 ドイツ、スペイン
2011年 カナダ、日本、フランス
2012年 イタリア、イギリス
2013年 
2014年 ポーランド

地上波デジタルの問題点は、中継器を多数必要とするということと、大量のエネルギーを必要とすることだという。

|

« ルフェーヴル派、謝罪 | トップページ | ルフェーヴル派、教皇を攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43988072

この記事へのトラックバック一覧です: 地上派デジタル、危機:

« ルフェーヴル派、謝罪 | トップページ | ルフェーヴル派、教皇を攻撃 »