« 未成年の豊胸手術禁止へ | トップページ | 離婚で、扶養費を払う女性増える »

2009年2月14日 (土)

消費刺激策の検討

Fotoscontipertutti
ベルルスコーニ内閣は、消費刺激策として、自動車や食洗機を購入する人への優遇策を考えている(2月5日、Corriere della Sera).

自動車の場合、Euro 0, Euro1,Euro2(数字が大きいほど、排気ガスがきれい)の自動車を廃車にして、Euro 4、Euro5の自動車を購入した人に対し1000から1500ユーロの補助を考えている。3年間の自動車税免除。また、エコロジカルな自動車(メタン、gplー液化石油ガス、電気)を購入した人には2000ユーロの補助。さらに、バイクの場合も、Euro0、Euro1のバイクを廃車にして、Euro3のものを購入した人に300ユーロの補助を考えている。1年の税金の免除。

また、家具の購入に関しても、リフォームに関連して購入した場合、20%の個人所得税の控除を考えている。控除は、最大が1万ユーロとなり、2009年1月1日から9月30日までの購入物が対象となる。

また、食洗機に関しても、リフォームに関して、上記と同様の措置を考えている。

また、企業では、設備の償却に関して、基準を修正することを検討している。


|

« 未成年の豊胸手術禁止へ | トップページ | 離婚で、扶養費を払う女性増える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44050813

この記事へのトラックバック一覧です: 消費刺激策の検討:

« 未成年の豊胸手術禁止へ | トップページ | 離婚で、扶養費を払う女性増える »