« フィアットとクライスラーの市場 | トップページ | ルフェーヴル派、謝罪 »

2009年2月 7日 (土)

Mps, 基金が配当なしに待った

Gabriello_mancini
モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行の最大株主である同銀行基金(Fondazione MPS)は、配当金無しの決定に異議を申し立てた(1月27日、Corriere della Sera).

モンテ・デイ・パスキ・デイ・シエナ銀行(MPS)の株式時価総額は、72億5600万ユーロであるが、そのうち56,8%をモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行基金(Fondazione Monte dei Paschi di Siena)が所有している。

基金の会長ガブリエッロ・マンチーニは、「銀行の必要性も考慮に入れる必要があるが、基金の必要性も考慮にいれ、総合する必要がある」と語った。要するに、配当金を求めたのである。

金融危機が勃発する直前にシエナ銀行が獲得したアントンヴェネタ銀行は、90億ユーロを投資したが、そのうち基金が30億ユーロを増資という形で出した。別の40億ユーロは、資産や不動産の処分ーまだ完了していないーで出すことになっている。

ちなみに基金は昨年は、3億8000万ユーロの配当を得ている。

|

« フィアットとクライスラーの市場 | トップページ | ルフェーヴル派、謝罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43984190

この記事へのトラックバック一覧です: Mps, 基金が配当なしに待った:

« フィアットとクライスラーの市場 | トップページ | ルフェーヴル派、謝罪 »