« 自動車市場、−32% | トップページ | 北極単独踏破に挑む女性 »

2009年2月13日 (金)

EU諸国で働くイタリア人労働者

Mack_smith
イギリスのリンカンシャーで、イギリス人労働者がイタリア人労働者に対する排外的なデモをしたが、イギリス政府はイタリア人労働者を保護すると言明した(2月3日、Corriere della Sera).

EU のバローゾ委員長も、保護主義にはノーと言っている。

EU 諸国に居住するイタリア人は次の通り。

イギリス  16万3000人
スイス   49万699人
ベルギー  23万7000人
スペイン  5万5000人
オランダ  2万8000人
ドイツ   56万9964人
フランス  38万3547人

イギリスの歴史家デニス・マック・スミス(写真)は、このような事例は、イギリス人全体の考えを示すものではなく、過去に遡っても、第二次大戦前や1950年代にわずかな例があるのみだという。

|

« 自動車市場、−32% | トップページ | 北極単独踏破に挑む女性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44048094

この記事へのトラックバック一覧です: EU諸国で働くイタリア人労働者:

« 自動車市場、−32% | トップページ | 北極単独踏破に挑む女性 »