« ファシズムは、反ユダヤ主義のため、ダンテやレオパルディまで用いた | トップページ | イタリア法、今後はヴァティカンに自動的に受け入れられぬことに »

2009年1月 9日 (金)

ヴェンドラ:共産主義再建党は亡霊の巣窟

2259916180x140
ニキ・ヴェンドラが、古巣の共産主義再建党を批判した(12月31日、Corriere della Sera).

ヴェンドラは、プーリア州の州知事であり、共産主義再建党の元リーダーのファウスト・ベルティノッティの後継者でもある。

ベルティノッティの友人で、精神分析学者のマッシモ・ファジョーリが、ヴェンドラを批判する文脈で、暖房機とベッドに行ってもそれは自由だが、ゲイで、カトリック信者でミサに通い、共産主義者であることが同時にはあり得ないと語った。

これをヴェンドラは下品さの極みと退けている。

ニキ・ヴェンドラは、バーリの近郊テルリッツィ生まれの50歳。洗練され、話し上手で、ホモセクシュアルであることを自ら認めている。子供が欲しいし、少なくとも保育園の先生をしたいと希望している。

彼は大学の文学部を卒業し、パオロ・ピエル・パゾリーニで卒論を書いた。レストランのウェイターを勤め、その後、出版社エイナウディの販売員をし、イタリア共産党に入党した。

オケット書記長によって共産党の名前が変わると、ファウスト・ベルティノッティと行動を共にした。共産主義再建党から下院議員になり、プーリア州の知事となった。その後、フランコ・ジョルダーノの後を継いで、共産党再建党の党首になる見込みであったが、キアンチャーノでの党大会で、パオロ・フェッレーロにまさかの逆転をくらった。

(イタリア語見出し Vendola: Rifondazione? E' una casa di spettri )

|

« ファシズムは、反ユダヤ主義のため、ダンテやレオパルディまで用いた | トップページ | イタリア法、今後はヴァティカンに自動的に受け入れられぬことに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43689679

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェンドラ:共産主義再建党は亡霊の巣窟:

« ファシズムは、反ユダヤ主義のため、ダンテやレオパルディまで用いた | トップページ | イタリア法、今後はヴァティカンに自動的に受け入れられぬことに »