« ナポリ王ミュラの遺骨検証 | トップページ | コッリエーレ・デイ・ピッコリの展覧会 »

2009年1月26日 (月)

クライスラーとフィアットの合意

Este_17173745_37530
クライスラーとフィアットが世界戦略に関して合意した(1月21日、Corriere della Sera)

今のところメモランダムで拘束力のあるものではない。フィアットはクライスラーの株式を35%取得し、さらにその比率を高めることができるという内容。

この合意には、フィアットの最高責任者セルジョ・マルキオンネが非執行役員をつとめるスイスのUBS銀行がアドヴァイザーとして関わっている。

合意内容は主として3点。

第一は、産業面。フィアットは中・小型車生産のノウハウをクライスラーに提供する。

第二は商業面。両者は相互の販売網を互いに開放する。これによってフィアット側は、アルファ・ロメオおよび500(チンクエチェント)をアメリカで販売する道が開ける。

第三は財政面。フィアットはクライスラーの35%の株式を取得するが、財政的負担は負わない。

(イタリア語見出し Rilancio Chrysler, arriva la Fiat)

|

« ナポリ王ミュラの遺骨検証 | トップページ | コッリエーレ・デイ・ピッコリの展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43864339

この記事へのトラックバック一覧です: クライスラーとフィアットの合意:

» 0AF0E90A40B90E90FCvol.1 [クライスラー]
クライスラーについて調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 15時04分

« ナポリ王ミュラの遺骨検証 | トップページ | コッリエーレ・デイ・ピッコリの展覧会 »