« マローニ:ランペドゥーサにもう一つの cpt を | トップページ | トリエステ映画祭:ジョイス特集 »

2009年1月18日 (日)

ジョイスと映画

Image64
ジョイスは代表作『ユリシーズ』のジョン・フォードによる映画化を望んでいた(1月13日、Corriere della Sera,この項の執筆は、John McCourt)

アイルランドの首都ダブリンでは、1896年にはじめて映画上映がなされたが、まだ映画上映を専らにする映画館はなかった。

1909年、ジェイムス・ジョイスは、トリエステの実業家の支援を得て、12月20日、ダブリンに映画館を開いた。しかしジョイスの目論みとは裏腹に、1910年の4月までしか続かなかった。

1924年、ジョイスの支援者であったハリエット・ショー・ウィーヴァに宛てた手紙の中で、ジョイスは眼の手術のため、長時間眼を閉じていなければならなかったが、その時に、映画の場面が浮かんでくると報告している。

ジョイス自身、エイゼンシュタインとあって、『ユリシーズ』の映画化の可能性について議論したいと望んでいた。さらに、ルイス・ズーコフスキーと S.J. ライスマンが書いた台本を読んで、ブルームには George Arliss, 監督にはジョン・フォードが良いのではないかと示唆している。なぜジョン・フォードを挙げたのかは不明だが、ジョン・フォードの両親は、アイルランドのゴールウェイからの移民であり、彼の本名は、Sean Aloysius O'Flaherty である。

計画は実現されなかった。

|

« マローニ:ランペドゥーサにもう一つの cpt を | トップページ | トリエステ映画祭:ジョイス特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43779871

この記事へのトラックバック一覧です: ジョイスと映画:

« マローニ:ランペドゥーサにもう一つの cpt を | トップページ | トリエステ映画祭:ジョイス特集 »