« イタリアのフリーメーソンの内紛 | トップページ | 連邦制法案、上院通過 »

2009年1月27日 (火)

スパドリーニのコッリエーレ

Giovannispadolini
ジョヴァンニ・スパドリーニの1968年から1972年の著作集が出版された(1月22日、Corriere della Sera).

スパドリーニ(1925−1994)、様々な職業で第一人者だった。歴史家、ジャーナリスト、数度にわたる大臣、そして1981年6月28日から1982年12月1日までは首相をつとめたのだった。

一方、スパドリーニは、1968年から1972年まで、コッリエーレ・デッラ・セーラ紙の編集長であった。今回その当時の彼が執筆したものがまとめて出版された。Scritti giornalistici del volumee V, (パオロ・バニョーリ編、ピエルガエターノ・マルケッティ序、2巻、722ページ、60ユーロ)。

1970年代のスパドリーニの立場は、強い反議会勢力に対し、政治制度を擁護するものであった。

(イタリア語見出し Spadolini, il primato in redazione)

|

« イタリアのフリーメーソンの内紛 | トップページ | 連邦制法案、上院通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43867233

この記事へのトラックバック一覧です: スパドリーニのコッリエーレ:

« イタリアのフリーメーソンの内紛 | トップページ | 連邦制法案、上院通過 »