« ジョイスと映画 | トップページ | フランコ・ブッフォーニの詩集『我らと彼ら』 »

2009年1月19日 (月)

トリエステ映画祭:ジョイス特集

Finnegan
トリエステ映画祭でジェイムス・ジョイス関連の映画を特集する(1月13日、Corriere della Sera).

ジェイムス・ジョイスの小説を基にした映画にはさまざまなものがある。

まず、Passages from Finnegans Wake (1965)は監督がメアリ・エレン・ビュート.

Sean Walsh が脚本・監督したBloom.(2003). Joseph Strick の Ulysses
(1967)はイタリアでこれまで公開されたことがない。

The Dead (1987)は巨匠ジョン・ヒューストンの映画で、短編集『ダブリンの市民』の最終篇が原作。

以上のフィルムが1月14日から第20回トリエステ映画祭の一部として上映される。同時に、パラッツォ・コスタンツィで1月15日から2月10日まで関連の展覧会も催される。

1月15、16日には、国際会議が開かれる。

|

« ジョイスと映画 | トップページ | フランコ・ブッフォーニの詩集『我らと彼ら』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43787698

この記事へのトラックバック一覧です: トリエステ映画祭:ジョイス特集:

« ジョイスと映画 | トップページ | フランコ・ブッフォーニの詩集『我らと彼ら』 »