« クライスラーとフィアットの合意 | トップページ | イタリアのフリーメーソンの内紛 »

2009年1月26日 (月)

コッリエーレ・デイ・ピッコリの展覧会

457pxcorrierinodeipiccoli
ミラノで Corriere dei Piccoli の展覧会が催される(1月21日、Corriere della Sera)

Corriere dei Piccoli は Corriere della Sera の週一度の漫画の付録であった。1908年12月27日に創刊され、1995年まで続いた。こうした子供向けの付録は、イタリアではil giornalino della domenica, La domenica dei fanciulli や Novellino があった。

またフランスでは、St.Nicolas, Mon Journalがあり、イギリスには Comic Cuts, Illustrated Chips アメリカでは The World 紙の付録Funny Side があり、コッリエーレ・デイ・ピッコリのヒントになった。

ピンパ(アルタン描くウサギのキャラクター)はここで1975年に誕生している。

展覧会は Rotonda della Besana で開かれ、会期は1月22日から5月17日までである。

|

« クライスラーとフィアットの合意 | トップページ | イタリアのフリーメーソンの内紛 »

コメント

 panterinoさん、こんばんは。(^_-)-☆

 Corriere dei Piccoli懐かしいです。タブロイド版で。(^_-)-☆お恥ずかしいことですが、数十年まえ、イタリア語の勉強のため、半年か、一年かとっていたことがあります。為替がまだ、不自由なころです。紙面はなかなか充実していて、ペンパルの紹介ページや、質問のページや、特集記事などがあり、ケッコウ勉強になりました。色刷りの付録もつき「白雪姫」や「眠れる森の美女」などのマンガが掲載されていたのを思い出します。ディズニーのマンガだったのでしょうね。

投稿: 唐辛子紋次郎 | 2009年1月27日 (火) 21時50分

唐辛子紋次郎さん

なるほど、生でご覧になった方が日本にもいらしゃったわけですね。
貴重な情報ありがとうございます。

僕は、たまたま95年はイタリアにいたのですが、Corriere dei Piccoli の記憶がありません。
95年のいつ頃やめてしまったのかが判らないので、当時見たのか見なかったのかも曖昧です(僕の記憶はまったくザルなんです)。

むしろ、数年前にトリノの学校博物館に行った時に、Corriere dei Piccoli が展示してある部屋があって、そのときに、こういうものが戦前からあったのだとはっきり意識しました。

投稿: panterino | 2009年1月28日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43864485

この記事へのトラックバック一覧です: コッリエーレ・デイ・ピッコリの展覧会:

« クライスラーとフィアットの合意 | トップページ | イタリアのフリーメーソンの内紛 »