« サーバの未公刊の詩、発見される | トップページ | 教皇、非正規労働に懸念 »

2009年1月 5日 (月)

インターネットテレビの普及

482729987_5e43e9e83a
インターネットテレビが、イタリアのテレビ界の旋風となっている(12月28日、Corriere della Sera)

インターネットテレビはIptv (Internet protocol television) と呼ばれる。イタリアではTelecom (Alice), Fastweb と Wind によって提供されている。

インターネットは電話線(かそれに相当するケーブル)によって配信され、インターラクティヴなサービスが可能である。

契約者数は、地上派や衛星放送と較べれば微々たるものだが、増え続けている。この分野では、フランスがリーダーで、2008年末で約300万人の契約者を獲得した。

ItMedia Consulting のアウグスト・プレータによると、イタリアでは昨年よりは倍増して2008年末で約60万人と見積もられている。中長期的には、グローバルな成長が見込まれている。2013年には、世界中では5700万人の家に Iptv が配信される(現在の3倍)と予想されている。

テレビの普及状況は次の通り(イタリア、スペイン、イギリス、フランス)

まず、デジタル対アナログは、70、2%対29、8%で、デジタルの普及は進んでいる。次に、デジタルの内訳をみると、衛星35、5%、地上デジタル48、0、ケーブル7、5%、Iptv (Internet protocol television, インターネットテレビ)9、0%となっている。

また、Iptv の売り上げの変化は次の通り。
2006年  4億7000万ユーロ
2007年  10億ユーロ
2008年  15億ユーロ

イタリアにおける Iptv (インターネットテレビ)の契約者(abbonati)
2008年末で59万人
内訳は
Fastweb 51%
Telecom 46%
その他  3%

(イタリア語見出し Tv all'ultima sfida. Via web)

|

« サーバの未公刊の詩、発見される | トップページ | 教皇、非正規労働に懸念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43644920

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットテレビの普及:

« サーバの未公刊の詩、発見される | トップページ | 教皇、非正規労働に懸念 »