« イタリアの在宅勤務進まず | トップページ | パヴァロッティ未亡人:デルボーノを支持 »

2009年1月25日 (日)

フィー二:モスクではイタリア語で説教を

Fini01g
下院議長のジャンフランコ・フィーニは、イスラム教のイマーム(導師)は、イタリア語で説教をすべきだとの考えを明らかにした(1月19日、Corriere della Sera)。

「これは私だけの確信ではない。アラブ首長国連邦の王子ムハンマド・ビン・ザイードも同じ考えだ」ととアラブ首長国連邦訪問中のフィー二。

フィー二の考えでは、こうすることによって内容をチェックでき、憎しみの教唆を避けることができるのだという。

|

« イタリアの在宅勤務進まず | トップページ | パヴァロッティ未亡人:デルボーノを支持 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43851252

この記事へのトラックバック一覧です: フィー二:モスクではイタリア語で説教を:

« イタリアの在宅勤務進まず | トップページ | パヴァロッティ未亡人:デルボーノを支持 »