« トリエステ映画祭:ジョイス特集 | トップページ | イタリア銀行:国内総生産はー2%へ »

2009年1月20日 (火)

フランコ・ブッフォーニの詩集『我らと彼ら』

Copertina_noi_e_loro
フランコ・ブッフォーニが詩集を出版した(1月15日、Corriere della Sera).

タイトルは Noi e loro (我らと彼ら)出版社は Donzelli, 153ページ、14ユーロである。彼は、インテリとして、ゲイとして、詩人として、マグレブの若いアラブ人たちとの出会いを描いている。

「まるで、生きている動物か植物のように保護される/ゲイである僕は、蘭/爬虫類、猿、サボテンのように感じ/ベネデット教皇の/「心の叡智(sapientia cordis)」から守られる」(Protetto come un animale o pianta viva/ Io frocio mi sento orchidea/ Rettile, scimmia, cactus, protetto/ Dalla sapientia cordis/Di papa Benedetto)

「長い山の連なりが/僕を権利からへだてる/僕はある日、マッジョーレ湖と/アルプスを眺めながら/ローマとパリの間を飛んでいた/(彼の地では1966年から独身者も未成年者を養子にできる)。/バルセローナからベルリンまで今日、ヨーロッパで/どこであれ僕は尊重されていると感じる/ただしローマとミラノの間は別/僕が住み、生まれたところだ」(Una lunga sfilata di monti/ Mi separa dai diritti/ Pensavo l'altro giorno osservando/ Il lago maggiore e le Alpi/ Nel volo tra Roma e Parigi/ (Dove dal 1966 un single puo' adottare un minore)./ Da Barcellonaa a Berlino oggi in Europa/ Ovunque mi sento rispettato/ Tranne che tra Roma e Milano/ Dove abito e sono nato)

といった一節がある。

|

« トリエステ映画祭:ジョイス特集 | トップページ | イタリア銀行:国内総生産はー2%へ »

コメント

初めて知りました。御引用の詩句深く考えさせます。とても良い。書く契機を、いつも与えていただきます。視点(?)とても良い。道遠し。はるか長い。よろしくお導きを。

投稿: accatto_ma | 2009年1月23日 (金) 09時32分

accatto_ma さん

たしかに、性の世界の区切りと、地理的世界の区切りを重ね合わせるのは、見事ですね。

投稿: panterino | 2009年1月23日 (金) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43802976

この記事へのトラックバック一覧です: フランコ・ブッフォーニの詩集『我らと彼ら』:

« トリエステ映画祭:ジョイス特集 | トップページ | イタリア銀行:国内総生産はー2%へ »