« ミラノーローマ間、高速鉄道スタート | トップページ | 教皇:世の終わりは近くない »

2008年12月24日 (水)

中絶薬、認可される

Ru486
中絶薬 Ru486 が間もなくイタリアの病院での使用が認可される(12月15日、Corriere della Sera).

この薬の使用に、ヴァティカンは反対している。「無実な存在を殺す」ことになるから、というのがその理由である。

この薬の使用は、194号法の中絶の規定に基づいており、したがって、病院でのみ販売されることになる。

また、良心的中絶拒否(obiezione di coscienza)も有効で、中絶反対の医師が、この薬を処方しない自由はある。

製造会社のフランスのExelgyn は準備は整っているという。

若者担当大臣のジョルジャ・メローニは、警戒もしている。「この薬は、避妊薬ではない。まったく別ものだ。すでに始まった妊娠を中断するので、危険がある。命を停止することは誰にとっても勝利ではなく、社会的敗北なのです」と述べている。

イタリアでは既にこの薬の実験的使用は2005年から開始されている。成功率は、95−98%。
これまでに4000人が使用した。全世界では、1997年から2007年に100万人が使用している。

|

« ミラノーローマ間、高速鉄道スタート | トップページ | 教皇:世の終わりは近くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43513447

この記事へのトラックバック一覧です: 中絶薬、認可される:

» 中絶手術 [中絶手術]
人工中絶手術とはお腹に宿った命を人工的に絶つ手術です。 [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 23時09分

« ミラノーローマ間、高速鉄道スタート | トップページ | 教皇:世の終わりは近くない »