« 若者むけのスカラ座の《ドン・カルロ》 | トップページ | 工業高校に求人多し »

2008年12月13日 (土)

フィアットの工場も一時停止

Fiatrifcig年末から年始にかけて、フィアットの工場は休業する予定となった(12月6日、Corriere della Sera).

イタリアでは、2009年度の自動車売り上げは、200万台を下回るのではないかと懸念されている。

フィアットは、すべての工場で、まる一ヶ月休業する。12月15日から2009年1月12日まで休むのである。

工場の一時閉鎖にともない4万8000人が家にとどまることになる。もっとも、休業のありかたはいろいろで、一部の人は給与補償金庫(cassa integrazione)で補償され、また一部の人は、給与補償金庫+休暇で、またさらに一部の人は、単なる休暇である。

社会的ショックアブソーバーがフィアットを助けているわけであるが、ヨーロッパの他の諸国では、2009年内に解雇が実施されるのではないかと言われている。

フランスではルノー/日産は少なくとも4000人、全体の10%を解雇する予定と言われている。危機への対処として、メーカーは、小型や省エネ車にシフトしている。

(イタリア語見出し Fiat, impianti fermi dal 15 dicembree fino al 12 gennaio)

|

« 若者むけのスカラ座の《ドン・カルロ》 | トップページ | 工業高校に求人多し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43402185

この記事へのトラックバック一覧です: フィアットの工場も一時停止:

« 若者むけのスカラ座の《ドン・カルロ》 | トップページ | 工業高校に求人多し »