« イタリア人の12,8%が貧困 | トップページ | フィーニ、財政措置にストップ »

2008年11月 5日 (水)

ガスパッリ:オバマが大統領のほうがアルカイダは満足

Gaspa140x180
イタリア上院では、バラク・オバマのアメリカ大統領選での勝利をめぐり舌戦が交わされた(11月5日、Corriere.it)

与党Pdl のガスパッリ上院議員は、Rai での収録で、「オバマに関しては多くの疑問がのしかかる。オバマがホワイト・ハウスにいるほうが、アルカイダは満足だろう」と語ったのを、野党民主党のアンナ・フィノッキアーロ上院議員が問いただした。

フィノッキアーロ議員は、このような発言は、イタリア―アメリカ関係を損なうとの見解を示した。

(イタリア語見出しーGasparri contro Obama, scontro in Senato)

|

« イタリア人の12,8%が貧困 | トップページ | フィーニ、財政措置にストップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43024393

この記事へのトラックバック一覧です: ガスパッリ:オバマが大統領のほうがアルカイダは満足:

« イタリア人の12,8%が貧困 | トップページ | フィーニ、財政措置にストップ »