« アリタリア、独立系労働組合、14日のストライキを予定 | トップページ | お節介すぎる姑のため離婚成立 »

2008年11月12日 (水)

アリタリア、混乱す

Sciopero アリタリアが混乱している(11月12日、Corriere.it).

火曜日は全部で124便がストのため欠航し、水曜日も50便のキャンセルが予定されている。

ことの発端はEU委員会が、アリタリアが政府からつなぎで融資してもらった3億ユーロは国に帰さなくてはいけないという決定だった。

ストから正常状態への復帰はむずかしい。なぜなら、改革に合意した組合の客室乗務員も順法スト(sciopero bianco、服務規程をわざと文字通りに厳格に守る)をしているからだ。

(イタリア語見出し Blocchi e cancellazioni, caos Alitalia/Dall'Ue via libera al salvataggio)

|

« アリタリア、独立系労働組合、14日のストライキを予定 | トップページ | お節介すぎる姑のため離婚成立 »

コメント

アリタリアは困った者です。
早く破産して、しっかりとした会社に買収して貰いたいと思います。

先週日本からイタリア戻る時にアリタリアを利用しました。預けたスーツケースが到着空港に届いていませんでした。その時に多数の紛失があり、また破損事故も有って、登録窓口は大混雑。結局1時間待ち。

紛失を登録しましたが、その内容がいい加減で、何度も確認をしましたが、問題ないとの一点張り。やる気が全くありませんでした。

このいい加減さが後々問題を大きくしました。
数日経ってもスーツケースが届かないので、アリタリアの紛失スーツケース追跡サイトで見てみましたら、バッケッジの登録番号が違っていました。これは紛失登録書には記載が無く、登録時に確認できず。

その後何度も空港の紛失窓口に電話をしましたが、全く不真面目な対応に終始し、「問題ない、明日には届く」との一点張り。登録番号が違うと言っても取り合わず。

5日経過すると空港窓口からアリタリア全体の担当部署に取扱が移管され、空港窓口は関係無いとの一点張り。
その内にローマの保管倉庫へ送られるとの話。

アリタリア・ローマへ電話すると、違っているバッゲッジ登録番号を直ぐにパソコンで修正すると言う。これで一安心と思ったが、念のためにインターネットで確認すると、修正されておらず。

此処までの結論は、アリタリアの人は全員が嘘つきで信用が出来ない。

その為、兎も角空港へ行き、紛失バッグの保管倉庫へ強引に行って自分で有無を確認するしかないと、思い至りました。

其処で夕方空港へ行き、窓口へ行きましたが、何と誰も居ない。
14日はアリタリアの山猫ストで、空港は混乱していました。

大分待った後、偶然係員が通り掛ったので、バッグが到着したとの電話がアリタリアから来たと嘘を言い、スーツケースを引き取りに来たと話す。

そして保管倉庫に行って探したら、有りました。私のバッグが。

係員は皆嘘を言い、その場を凌ごうとします。信じられません。

アリタリアは、酷い会社です。早く倒産してくれる事を祈ります。

投稿: andy | 2008年11月16日 (日) 02時56分

andy さん

お気持ちお察し申し上げます。

実は、僕もたまたまイタリアの知人が、関西空港からアリタリア航空で帰国する予定のところ、刻々とストライキの状況がネットで流れ、結局、9時間遅れとなりそうだということが判明したので、彼はルフトハンザで帰国しました。

非常に残念なことですが、現在のアリタリアは、さまざまな意味で混乱しており、信頼性に欠けていると言わざるを得ませんね。しかし、利用者にしてみれば、この信頼性こそが最も重要なのは、言うまでもありません。

確実に飛ぶ、荷物を運ぶ、事故があれば迅速・確実な対応をする、そういった基本的なサービスに対する信頼観の欠如は、航空会社にとって致命的ともいえるダメージですね。

できるだけすみやかに、混乱が収集し、利用者の信頼を取り戻して欲しいと、個人的には、思います。

投稿: panterino | 2008年11月17日 (月) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43095726

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリア、混乱す:

« アリタリア、独立系労働組合、14日のストライキを予定 | トップページ | お節介すぎる姑のため離婚成立 »