« 非正規雇用者に、苦いクリスマス | トップページ | スカラ座、リスナー再任 »

2008年11月24日 (月)

スカラ座、ストの可能性

Scala01g スカラ座の初日がストの可能性が出てきた(11月22日、repubblica)

今年のシーズンオープニングはダニエーレ・ガッティ指揮の《ドン・カルロ》の予定。

しかし、オーケストラの組合が補助金削減に反対し、12月7日の初日にストを予定している。

ストを予定している労働組合はFials という名前で、135名のオーケストラ団員中63名が加入しており、105人の合唱団員中27人が加入している。72人のバレエ団員は誰も加入していない。

つまり、ストをする可能性があるのは90人で、その他の労働組合や組合未加入の人たち710人はストを予定していない。

また、正式な初日に先立って26歳以下の若者のための特別公演が12月4日に上演されるが、こちらはストの予定はない。

(イタリア語見出し Scala  un'altra musica)

|

« 非正規雇用者に、苦いクリスマス | トップページ | スカラ座、リスナー再任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43209882

この記事へのトラックバック一覧です: スカラ座、ストの可能性:

« 非正規雇用者に、苦いクリスマス | トップページ | スカラ座、リスナー再任 »