« アレマンノ、アウシュビッツへ | トップページ | Confindustria:戦後最長のリセッションになるだろう »

2008年11月19日 (水)

ヨーロッパ、景気後退、イタリアは93年以来の危機に

11286
ユーロ圏は、公式に、景気後退になったことを表明した(11月15日、Corriere della Sera).

これは、統一通貨としてユーロが導入されて以来、初めてのことである。イタリアはさらに憂慮すべき事態となっている。1992−93年のリラ(旧通貨)危機以来の事態となっているのだ。

ルクセンブルクのEurostat が明らかにしたところによると、ユーロ圏の15カ国は、二期連続、4半期の国内総生産がマイナス成長となっている。

イタリアの場合、第二四半期がー0、4%、第三四半期がー0、5%でリセッションに入った。ドイツも同様である。

(イタリア語見出しーL'Europa e' in recessione Italia, crisi piu' forte dal '93)

(都合により、11月20日から25日まで、更新が不可能もしくは不規則となります。あらかじめご了承ください)。


|

« アレマンノ、アウシュビッツへ | トップページ | Confindustria:戦後最長のリセッションになるだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43165796

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパ、景気後退、イタリアは93年以来の危機に:

« アレマンノ、アウシュビッツへ | トップページ | Confindustria:戦後最長のリセッションになるだろう »