« ヨーロッパ、景気後退、イタリアは93年以来の危機に | トップページ | フォルツァ・イタリア解党 »

2008年11月20日 (木)

Confindustria:戦後最長のリセッションになるだろう

200806231417normal_marcegaglia10030
イタリア産業総連盟(Confindustria)の中央研究所は、現在の景気後退は、戦後最長のものになるだろうと予測している(11月16日、Corriere della Sera).

Confindustria の中央研究所は、15日、その予測を更新した。今年の国内総生産は−0、4%で、2009年はー1%となるであろう。これまでの予測は、それぞれ―0、2%とー0、5%であった。

また、同研究所は、ヨーロッパ中央銀行が金利を引き下げるのが遅いと考えている。また、各国政府は、公共投資を通じて需要を喚起すべきだとしている。

|

« ヨーロッパ、景気後退、イタリアは93年以来の危機に | トップページ | フォルツァ・イタリア解党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43166906

この記事へのトラックバック一覧です: Confindustria:戦後最長のリセッションになるだろう:

« ヨーロッパ、景気後退、イタリアは93年以来の危機に | トップページ | フォルツァ・イタリア解党 »