« 学校、10月30日にストの予定 | トップページ | ベルルスコーニ:パニックに陥らぬように »

2008年10月11日 (土)

ベルルスコーニ、株を売らぬようにと呼びかける

0k8fwiwa140x180
ベルルスコーニ首相はイタリア国民に向かって、株を売らぬようにと呼びかけた(10月9日、Corriere.it).

首相は、イタリア人に対して、保有している株式を売却しないようにと呼びかけた。18−24ヶ月すれば、株式の値段は、適正なレベルに戻るであろうから、というのがその理由だ。

首相によれば、今日生じているのは、1929年とは反対のことだという。「当時は、10の価値のある会社が、投機によって、100の価値に達していた。そして株が売られ、破局が訪れ、実体経済にもひどい影響をもたらした」。

ベルルスコーニは、イタリアの銀行システムは健全であると主張した。

一方、経済相のトレモンティは、イタリアには特に異常なところはないとしている。イタリアの銀行システムは、洗練度が低かったので、今回の危機の影響が小さかったと説明している。


|

« 学校、10月30日にストの予定 | トップページ | ベルルスコーニ:パニックに陥らぬように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42746758

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニ、株を売らぬようにと呼びかける:

« 学校、10月30日にストの予定 | トップページ | ベルルスコーニ:パニックに陥らぬように »