« ウニクレディト、資本増強 | トップページ | イタリアの株価、8,24%下落 »

2008年10月 7日 (火)

聖書の朗読マラソン、始まる

Pap140x180
聖書の朗読マラソンがはじまった(10月6日、Corriere.it)

「はじめに神は天と地を創った」この言葉で、創世記(Genesi) は始まるが、教皇ベネデット16世が、この言葉で、聖書完全朗読マラソンを開幕した。この試みは、放送局RAI の提案によるもの。

教皇がテレビカメラの前で、聖書を読むのは初めてではないが、今回は、儀式や聖職者の集まりではなくて、テレビ番組の一部に直接関与している点が新しい。
 
教皇は、ヴィデオ録画によって参加した。次に、創世記の第二章、アダモ(アダム)とエヴァ(イヴ)の創造、を読んだのは、モスクワの総主教の大修道院長 Hylarion であった。続いて、イタリアの福音教会連合の会長ドメニコ・マゼッリが、《原罪》の章、ヘビがエヴァを誘惑し、アダモとエヴァが自分たちの裸を恥じる場面を読んだ。

最初の休憩で、アンドレア・ボチェッリの歌が入った。4章と5章は、ロベルト・ベニーニが登場。カインとアベルの話。

この朗読マラソンは、今週土曜日まで続き、創世記から黙示録まで読み続け、読み通す。最後の朗読者は、ヴァティカンの国務長官タルチジオ・ベルトーネ。朗読者の数は、1200人にのぼり、54カ国から参加する。カトリックや、正教徒、プロテスタントだけでなく、ユダヤ人やイスラム教徒も含まれている。


|

« ウニクレディト、資本増強 | トップページ | イタリアの株価、8,24%下落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42709395

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書の朗読マラソン、始まる:

« ウニクレディト、資本増強 | トップページ | イタリアの株価、8,24%下落 »