« アントニエッタ・グリニャーニ:《20世紀後半の詩、詩論、方法》 | トップページ | バドリオ元帥の陰謀 »

2008年9月 1日 (月)

通信簿の変遷

Pagella 通信簿の変遷が紹介されている(8月29日、レプッブリカ)。

1.20世紀初頭
通信簿は2ヶ月毎の評価で、その後3ヶ月毎、4ヶ月毎に変わっていく。

2.ファシズム期
ファシズム期には、通信簿の表紙に、Duce(統帥)を讃える歌(inni)がのっていた。評価には buono や sufficiente が用いられた。

3.1946年
統一通信簿の誕生。小学生から高校生まで統一のフォーマットとなる。10リラであった。

4.1977年
小中は Scheda personaliとなり、教師が各生徒を分析し、記述するものとなった。

5.1996年
20年に渡り、評価は長い文で根拠を示して書かれていたが、簡潔なものとなる。

6.2010年
成績表がインターネットで見られるようになる(予定)。

|

« アントニエッタ・グリニャーニ:《20世紀後半の詩、詩論、方法》 | トップページ | バドリオ元帥の陰謀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42347209

この記事へのトラックバック一覧です: 通信簿の変遷:

« アントニエッタ・グリニャーニ:《20世紀後半の詩、詩論、方法》 | トップページ | バドリオ元帥の陰謀 »