« パゾリーニの未公開映画《怒り》 | トップページ | 警官のゲイ組織、発足 »

2008年9月 6日 (土)

ベルルスコーニ、アリタリアの労働組合に圧力

Berlusconi902 ベルルスコーニ首相は、アリタリアの諸労働組合に対し、インテーザの計画以外に他の選択肢はないとして、すみやかにこの条件を受け入れるよう促した(9月2日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

それに対し、Cgilのリーダー、エピファーニは、受けいれるか去るかという二者択一は受け入れられない、これから交渉しなければならない、としている。

アリタリアの職員1万8500人のうち、労働組合に入っているのは1万2310人で、所属は次の通り。

Filt-Cgil 2522人
Fit-Cisl 2057人
Uilt   2063人
Ugl   1050人
Sdl   1700人
Anpac(パイロットのみ)1022人
Up  (パイロットのみ)350人
Anpav(客室乗務員のみ)545人
Avia (客室乗務員のみ)751人
Cub(地上勤務のみ)250人

|

« パゾリーニの未公開映画《怒り》 | トップページ | 警官のゲイ組織、発足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42392051

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニ、アリタリアの労働組合に圧力:

« パゾリーニの未公開映画《怒り》 | トップページ | 警官のゲイ組織、発足 »