« レオパルディのリチェッタ | トップページ | 巨大資金投入で、株式市場反発に転じる »

2008年9月20日 (土)

ラッツィンガー教皇、ピオ12世を擁護。イエズス会の疑問

Pioxii52a 教皇ピオ12世に関し、現教皇ラッツィンガーと、イエズス会の権威ある雑誌Civilta' Cattolica が異なる立場を表明している(9月19日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ラッツィンガー教皇は、ピオ12世が慎重なふるまいによって、(ナチやイタリアの人種法により)迫害されているユダヤ人の多くを救ったとしている。

一方、雑誌Civilta Cattolicaに掲載されたジョヴァンニ・サーレ神父の論考では、現代の感性からすると、そのような慎重さは理解しがたいとしている。

エウジェニオ・パチェッリ(1876-1958)、ピオ12世は、今年の10月9日に没後50年を迎える。

ファシズムや人種法に対しては、晩年のピオ11世(アキッレ・ラッティ教皇)が激しく反発し、反人種法の回勅を準備したのにもかかわらず、それが日に目を見なかったことが知られている。

ピオ12世(エウジェニオ・パチェッリ)は、教皇庁とイタリア政府の対立を避け、対話を求める方向に動いたのである。

|

« レオパルディのリチェッタ | トップページ | 巨大資金投入で、株式市場反発に転じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42535038

この記事へのトラックバック一覧です: ラッツィンガー教皇、ピオ12世を擁護。イエズス会の疑問:

« レオパルディのリチェッタ | トップページ | 巨大資金投入で、株式市場反発に転じる »