« ラッツィンガー教皇、ピオ12世を擁護。イエズス会の疑問 | トップページ | 《世俗主義者の歴史》 »

2008年9月21日 (日)

巨大資金投入で、株式市場反発に転じる

Crisimutuiborsevolanopianosalvatagg アメリカ政府が巨額の資金を投入することを発表したことを受けて、アメリカ、ヨーロッパ市場の株価は反発に転じた(9月20日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

アメリカ政府は、数千億ドルを投入する用意があるとしているが、専門家は1兆ドルを超える可能性も指摘している。

この発表をうけて、ミラノ市場は、10年振りの記録的上昇で、7,7%平均株価が上昇した。パリは9%、フランクフルトは5,5%上昇、東京は3,8%、アメリカはダウが3,3%、ナスダックが3,4%上昇した。

|

« ラッツィンガー教皇、ピオ12世を擁護。イエズス会の疑問 | トップページ | 《世俗主義者の歴史》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42540499

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大資金投入で、株式市場反発に転じる:

« ラッツィンガー教皇、ピオ12世を擁護。イエズス会の疑問 | トップページ | 《世俗主義者の歴史》 »