« 移民の選挙権、ベルルスコーニがストップ | トップページ | 新任教員の平均年齢40歳を越える »

2008年9月 7日 (日)

ミラ・ショーン、死去

Milaschon 服飾デザイナーのミラ・ショーンが亡くなった。92歳だった(9月6日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ミラ・ショーンは1916年ダルマツィアのTrau で生まれた。

彼女の服を着た女性には、マレッラ・アニェッリ(ジョヴァンニ・アニェッリの妻)、ジャクリーヌ・ケネディ、イメルダ・マルコス、ミーナ、ミルヴァなどがいる。

父は薬剤師、母は貴族の家系であった。

思春期をトリエステですごす。1940年代にミラノに出る。ノヴァラ出身のアウレリオ・ショーンと結婚。一児をもうけるが、12年後別れる。

そこから彼女のデザイナー人生が始まった。

表地と裏地が同じ生地(tessuto double)を考案し、有名になる。

ミラ・ショーンのデザインはシンプルでかつエレガントなことで知られている。

彼女自身は、醜いことにだけ気をつけて、それを取り除けば、美しいものだけが残るのよ、と述べていた。

1993年にブランド自体は、日本の伊藤忠に売却していた。

|

« 移民の選挙権、ベルルスコーニがストップ | トップページ | 新任教員の平均年齢40歳を越える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42402457

この記事へのトラックバック一覧です: ミラ・ショーン、死去:

« 移民の選挙権、ベルルスコーニがストップ | トップページ | 新任教員の平均年齢40歳を越える »