« アリタリア、パイロットがノー | トップページ | 「イタリア式離婚狂想曲」オペラになる »

2008年9月16日 (火)

教皇、再婚者の聖体拝領にノー

Paparatzinger2501 フランスを訪問しているラッツィンガー教皇は、再婚者の聖体拝領はあってはならないと確認した(9月15日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ルルドを訪問している教皇は、フランスでこれまで司教の寛容として黙認されていた再婚者(divorziati risposati) への聖体拝受は出来ないことを確認した。

教皇はマタイ福音書を引用し、「神が結びつけたものを、人が離せない」(cio' che Dio ha unito l'uomo non separi)としている。

また、「教会は、婚姻の解消不能性を忠実に守っている。様々な理由で、それを尊重できなかった男女をより大きい愛で包んではいるが。それゆえ、非合法なカップルを祝福する動きを認めることは出来ない」と強い調子で、再婚者の聖体拝領はありえないことを強調した。

「第二の婚姻の祝福」(第一の婚姻の破綻の後)は(ギリシア)正教会では実施されているが、カトリック教会では認められていない。

しかしここまで強い表現を用いたことはこれまでなかった。

また、ラテン語のミサに関しては、要望があれば応ずるようにと、司教団に語った。

|

« アリタリア、パイロットがノー | トップページ | 「イタリア式離婚狂想曲」オペラになる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42491345

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇、再婚者の聖体拝領にノー:

« アリタリア、パイロットがノー | トップページ | 「イタリア式離婚狂想曲」オペラになる »