« 巨大資金投入で、株式市場反発に転じる | トップページ | パッラディオ生誕500年 »

2008年9月21日 (日)

《世俗主義者の歴史》

Storia_dei_laici マッシモ・テオドーリ著《世俗主義者の歴史》が出版された(9月14日、Il Sole 24 Ore).

タイトルその他は、《Storia dei laici》(Marisilio, pp.370, 19,5ユーロ)。

サルヴェーミニは、キリスト教民主党でもなく、イタリア共産党でもなく、1950年代に、第三の道を追求しようとした。

彼は、反ファシズム、反教皇権主義、反共産主義だったのである。宗教人に対しては、大きな敬意をはらっていたが、それは道徳的な次元であるべきであって、政治的な次元での命令であってはならないと考えていた。

|

« 巨大資金投入で、株式市場反発に転じる | トップページ | パッラディオ生誕500年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42540714

この記事へのトラックバック一覧です: 《世俗主義者の歴史》:

« 巨大資金投入で、株式市場反発に転じる | トップページ | パッラディオ生誕500年 »