« ベルルスコーニ、アリタリア問題に直接介入 | トップページ | 教皇、再婚者の聖体拝領にノー »

2008年9月15日 (月)

アリタリア、パイロットがノー

Alitalia_915 アリタリアをめぐる問題は、パイロットの組合が激しく反発している(9月15日、レプッブリカおよびコッリエーレ・デッラ・セーラ)。

労働大臣マウリツィオ・サッコーニは、代表的な労働組合Cgil, Cisl, Uil , Ugl のみを招集して合意を取り付けようとしたが、これに、パイロットの組合や、客室乗務員の組合が激しく反発した。

また、Cgil の書記長エピファーニも、個別の合意は拒否するとして、サッコーニと激しくやりあった。

たとえば、パイロットの組合Anpacには1022人が加盟しているし、客室乗務員の組合Avia には751人が加盟している。他にも、小さな組合が複数ある。

|

« ベルルスコーニ、アリタリア問題に直接介入 | トップページ | 教皇、再婚者の聖体拝領にノー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42488420

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリア、パイロットがノー:

« ベルルスコーニ、アリタリア問題に直接介入 | トップページ | 教皇、再婚者の聖体拝領にノー »