« 雑誌アスペニア、宗教と政治の特集 | トップページ | トゥロルドのパゾリーニに関する証言 »

2008年9月14日 (日)

新たな売春法案できる

Carfagna_2

売春に関する新たな法案が出来た(9月12日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

新法案では、売春自体が、公共の場、公衆に開かれた場では犯罪となる。

現行法は、1958年に制定されたメルリン法である。この法律は、売春宿(casa chiusa, casa di toleranza) を閉鎖した。

新法案は法案であって、法律ではないが、内容としては、路上での売春行為は禁固5-15日。200ー3000ユーロの罰金。客も売春婦も同じ扱い。この法案を提出したのはマーラ・カルファーニャ大臣(写真)。

売春に関して最初に戦ったのはA.Mazzoni (1837年生まれ)。その後、リーナ・メルリンが1958年に75号法案を成立させた。

|

« 雑誌アスペニア、宗教と政治の特集 | トップページ | トゥロルドのパゾリーニに関する証言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42475985

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな売春法案できる:

« 雑誌アスペニア、宗教と政治の特集 | トップページ | トゥロルドのパゾリーニに関する証言 »