« 警官のゲイ組織、発足 | トップページ | ボッシの詩 »

2008年9月 6日 (土)

脳死が人の死かどうかをめぐりる論争

Morte_cerebrale ヴァティカンの機関紙オッセルヴァトーレ・ロマーノに載った脳死に関する記事で論争が生じている(9月3日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

オッセルヴァトーレ・ロマーノ紙の記事は、ルチェッタ・スカラッフィアによるもの。

スカラッフィアは、脳死を人の死と考えるのは、カトリックの教義と矛盾すると述べたのである。

しかし脳死に基づいて、臓器移植は認められてきた。

教皇庁(La Santa Sede) は、この記事の内容は、われわれの方針ではないとしている。

脳死の考え方は、40年前、1968年にハーヴァードの教授たちによって定められた。

|

« 警官のゲイ組織、発足 | トップページ | ボッシの詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42392324

この記事へのトラックバック一覧です: 脳死が人の死かどうかをめぐりる論争:

« 警官のゲイ組織、発足 | トップページ | ボッシの詩 »