« マルチェガリアの新プラン:3年契約とインフレ組み入れ | トップページ | アリタリア、パイロットがノー »

2008年9月15日 (月)

ベルルスコーニ、アリタリア問題に直接介入

Alitaliagenerica アリタリアの問題解決に、ベルルスコーニ首相がみずから乗り出した(9月14日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

新会社Cai(Compagnia aerea italiana) と労働組合の交渉が難航し、行き詰まってしまったのに業を煮やした首相は、13日午後9時に、首相府(Palazzo Chigi)に、Cgil, Cisl, Uil、Uglのトップを招集した。

アリタリアの従業員は1万9000人。そのうち、5500人が当初案では余剰人員とされている。うち、客室乗務員の余剰人員は1600人、パイロットの余剰人員は1000人で、この数字をめぐって労働組合との交渉が行われている。

|

« マルチェガリアの新プラン:3年契約とインフレ組み入れ | トップページ | アリタリア、パイロットがノー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42483387

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニ、アリタリア問題に直接介入:

« マルチェガリアの新プラン:3年契約とインフレ組み入れ | トップページ | アリタリア、パイロットがノー »