« ボッシの詩 | トップページ | フィーニ、移民の投票権に同意 »

2008年9月 6日 (土)

一人担任は、小学校一年生のみに

Maestro_unico 一人担任制の導入は、来年度は小学校一年生に限定されることになった(9月3日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

教育大臣のマリアステッラ・ジェルミーニが明らかにした。彼女のプロジェクトは労働組合のみでなく、教科書出版社からも批判されている。教科書の内容を5年間は変更してはならない、としたからである。

ジェルミーニ教育相は、三人担任制(国語などを教える先生、算数・理科を教える先生、社会・歴史を教える先生の3人が1つのチームをつくり、2クラスを受け持つ、モドゥロと呼ばれるシステムー管理人註)は、なんの教育的な目的もなしに、単に、教師の数を増やすために導入された、としている。

教育相の考えでは、イタリアの30万人の小学校教員は、不釣り合いに多すぎるということになる。その根拠として予算の97%が給与に費やされていることをあげている。

|

« ボッシの詩 | トップページ | フィーニ、移民の投票権に同意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42392588

この記事へのトラックバック一覧です: 一人担任は、小学校一年生のみに:

« ボッシの詩 | トップページ | フィーニ、移民の投票権に同意 »