« ミラ・ショーン、死去 | トップページ | 教皇:新たなカトリック政治家が必要 »

2008年9月 8日 (月)

新任教員の平均年齢40歳を越える

Scuola20elementare203 イタリアの教員に採用される人の平均年齢が昨年度は41歳に達していた(9月7日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ほとんどの人が10年間におよぶ非常勤雇用を経験している。10人に6人は、大学を卒業しているが、それにふさわしい処遇を受けているとはいえない。

この調査は、ジョヴァンニ・アニェッリ財団(Fondazione Giovanni Agnelli) が、2007-2008年に新規採用された教員1万872人を対象に実施したもの。内訳はピエモンテ州が3783人、エミリア・ロマーニャ州が3297人、プーリア州3792人。

まず、イタリアの国立学校(ほとんどの公立学校が国立である)の教員数は2007-2008年時点で84万3000人。そのうち、常勤の教師は70万人。一年単位(9月から9月まで)の非常勤が2万3000人。授業期間の非常勤(9月から6月まで)が12万人となっている。

常勤に採用される時の平均年齢の変化は次の通り。
1960年代 23歳
  70年代 28歳
  80年代 30歳
  90年代 34歳
2000-2006  38歳
2007-2008  41歳

新規に常勤に採用された人のうち60%は、大学を卒業している。

非常勤の経験の平均は10,7年。

教職を選んだ理由を教育への情熱とする人は79,1%。職業生活と家庭生活の両立が5,3%などとなっている。

また、過去に戻ることができたとしたら、再び教職を選ぶかとの問いには、90,2%がそうすると答えている。

|

« ミラ・ショーン、死去 | トップページ | 教皇:新たなカトリック政治家が必要 »

コメント

興味深く読みました。

以前の貴サイトで教員の年俸が紹介されていましたが、それ程高級とは思えません。それでも人気がある職業なのですね・・・

カンパニア州では三人制学級担任を一人学級担任に変更しようとしているらしいです。手始めに第一学年を変更しようとしてる模様。その場合5000人が常勤から非常勤へ変更になる模様。

労働組合が強いと思われるイタリアで実現できるか見ものです。

投稿: andy | 2008年9月11日 (木) 04時45分

andy さん

タイムリーな現状のご紹介ありがとうございます。
まさに、この1人担任制の導入が問題なんですよね。
1950年代に逆戻りと言われています。

日本は、いまだに1人担任制が当たり前なので、ピンと来ない読者もいるかもしれませんが、3人の担任は、国語や表現行為を教える先生、社会・歴史を教える先生、理科・算数を教える先生というふうに分野別に別れているのです。それだけ、高度の専門性が期待できるわけです。

しかも、ジェルミーニ教育相はあたかも先生が3人もいて人件費の無駄遣いだと言って、あたかもイタリアは普通の国の三倍も人件費を使っているかのような誤解をさそう言い方をしていますが、この3人は2クラスを受け持っています。だから、人的資源としては、1人担任よりは1,5倍の贅沢をしていると言えます。しかし、だからといって、イタリアが諸外国の1,5倍の費用を小学校に投じているのではありません。

Ocse(OECD)の調査によれば、イタリアの一人あたりの小学生に使われている費用は、6835ドル、OECD諸国の平均は6252ドルです。一割多い程度です。

中高や大学は、残念ながら、イタリアはOECD平均以下です。たとえば大学だとイタリアは8026ドルに対し、OECD平均では1万1512ドルです。むしろ、こちらの方が問題とすべきことなんですね。

予算は無限にはありませんから、優先順位の問題だと思いますが、どこが優先順位が高いと考えるかは重要なことだと思います。

おっしゃる通り、イタリアにおける教職は決して給料にひかれてという職業ではありませんが、教えることが好きでなる人が多いのは素晴らしいことと思えます。

ジェルミーニ教育相の主張からは、イタリアの教育をこうしてもっと良くしようというヴィジョンが見えにくいのが残念です。

また、労働組合は1人担任制に反対しているので、おっしゃる通り、熱い秋がやってくるのかどうか、注目したいと思います。

投稿: panterino | 2008年9月12日 (金) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42416694

この記事へのトラックバック一覧です: 新任教員の平均年齢40歳を越える:

« ミラ・ショーン、死去 | トップページ | 教皇:新たなカトリック政治家が必要 »