« トレモンティ:状況はもっと悪くなる可能性がある | トップページ | 会社側提案撤回、アリタリア、カオスへ »

2008年9月20日 (土)

フィリッポ・セナトーレの詩集:Noi e i ragazzi del Portnoy

フィリッポ・セナトーレの詩集 Noi e i ragazzi del Portnoy が出た(9月18日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

フィリッポ・セナトーレは51歳。1986年に《Guardrail degli addii》(さよならのガードレール)でデビューした。今回の詩集《Noi e i ragazzi del Portnoy di Milano》(われわれとミラノのポルトノイの若者たち)(Heliodor, pp.155, 10ユーロ)は、黄金時代へのノスタルジアを歌っている。

セナトーレは、1991年から1994年、ミラノのティチネーゼ門のポルトノイ・カフェの文化プログラムの責任者だったのである。

|

« トレモンティ:状況はもっと悪くなる可能性がある | トップページ | 会社側提案撤回、アリタリア、カオスへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42530693

この記事へのトラックバック一覧です: フィリッポ・セナトーレの詩集:Noi e i ragazzi del Portnoy:

« トレモンティ:状況はもっと悪くなる可能性がある | トップページ | 会社側提案撤回、アリタリア、カオスへ »