« 労災の死者数、殺人を越す | トップページ | ブルゾン、125回目のスカルピア »

2008年8月 7日 (木)

マリーナ・ペトレッラ、釈放される

Petrella_8_5 「赤い旅団 (br)」の元メンバー、マリーナ・ペトレッリがフランスで釈放された(8月6日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

釈放は健康状態が理由であり、人道的な解決とされている。ペトレッリは54歳、アルド・モーロ誘拐および警官殺害事件に関わった容疑をもたれている。

1993年からフランスに逃れ、2007年に逮捕された。

ペトレッラは、治療を受ける場所を報告する義務を持つことになる。パリ郊外の自宅に帰った時も、パスポートは所持できない。

ペトレッラの釈放には、大統領夫人のカルラ・ブルーニおよびその姉妹のヴァレリアが尽力した。

現在も、イタリアへの逃亡犯人引き渡し命令は有効のままである。

|

« 労災の死者数、殺人を越す | トップページ | ブルゾン、125回目のスカルピア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42093241

この記事へのトラックバック一覧です: マリーナ・ペトレッラ、釈放される:

« 労災の死者数、殺人を越す | トップページ | ブルゾン、125回目のスカルピア »