« イタリア、ミネラル・ウォーターの消費量増える | トップページ | 修道院で修道士襲われる »

2008年8月30日 (土)

教皇、カエルの磔刑像に反対

Rana_crocifissa 教皇ベネデット16世は、カエルの磔刑像(写真)を断罪した(8月28日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

この磔刑像は、ドイツ人Martin Kippennberger の作品で、ボルツァーノの新しい美術館に展示されている。

教皇は、トレンティーノ・アルトアディジェ州の州議会議長Franz Pahl にあてて、手紙を書き、この作品は、「多くの人の宗教的感情を害する。十字架には神の愛の象徴、われわれの救済の象徴を見るからだ」としている。

このカエルは最初は新聞紙で覆われていたが、後、入り口のめだたない所に置かれた。

美術館長の Corinne Diserens は作品を擁護している。

|

« イタリア、ミネラル・ウォーターの消費量増える | トップページ | 修道院で修道士襲われる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42323672

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇、カエルの磔刑像に反対:

« イタリア、ミネラル・ウォーターの消費量増える | トップページ | 修道院で修道士襲われる »