« ユダヤ人のリソルジメント | トップページ | シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦 »

2008年8月19日 (火)

シエナ最後のポデスタ、死去(1):シエナ銀行の救済

Socini_guelfi シエナ最後のポデスタ、ルイージ・ソチーニ・グェルフィが亡くなった。102歳だった(コッリエーレ・ディ・シエナ、8月19日)。

ポデスタというのは、ファシズム期の任命制の市長で、彼はファシズム期におけるシエナ最後の市長(1938-1944)であった。

彼の愛するコントラーダ、ブルーコがパリオで勝利をおさめたのを見て数日後の死であった。102歳で、死の数日前まで活動していた彼の生涯はシエナの20世紀を写す1つの鏡となっている。

ルイージ・ソチーニ・グェルフィは1906年10月22日、シエナで貴族の家に生まれた。

大学で工学を学んだ。熱心なカトリック信者で、熱烈なファシズム支持者であった。

1938年、弱冠32歳で、ファビオ・バルガリ・ペトルッチ、マリオ・タディーニ・ブォニンセーニの後をついで、ポデスタ(任命制の市長)となった。市長としての業績で最も重要なものは、統帥ベニト・ムッソリーニとシエナ市を仲介して、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(MPS)を守ったことである。

当時の政府は、銀行改革を通じ、シエナ市によるMPS銀行支配を取り除こうとしていた。この銀行改革に反対して、ソチーニの前任者二人は辞任していたのである。

ソチーニは、ここで巧みな政治家、外交手腕を発揮し、妥協案を考えた。モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行がシエナに残るかわりに、公法上の信用機関(Istituto di credito di diritto pubblilico) に変わり、8人の代表(Deputazione) を置くこととした。それまでは、独占的にそれはコムーネ(シエナ市)のものであったのだが、それをコムーネによる任命の者、ファシスト政府による任命の者、県の任命による者に分けたのである。

(以下、2に続く)。

|

« ユダヤ人のリソルジメント | トップページ | シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42213591

この記事へのトラックバック一覧です: シエナ最後のポデスタ、死去(1):シエナ銀行の救済:

« ユダヤ人のリソルジメント | トップページ | シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦 »