« シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦 | トップページ | イタリアの若者:政治への関心強し »

2008年8月19日 (火)

シエナ最後のポデスタ死去(3):戦後

Bruco819 戦後体制は変わったが、戦争中のポデスタ(ファシスト体制下での任命制の市長)ソチーニ・グェルフィは報復や復讐を受けることもなかった(コッリエーレ・ディ・シエナ、8月19日)。

彼は戦後、仕事に没頭した。彼は1945年ブルーコ地区のカピターノ兼レットーレ(rettore, 町内会長だが、他の地区はpriore という)となった。つまり、ブルーコというコントラーダ(地区)のパリオの最高責任者であり、通常の町内会長を兼任したのである。町内会長は1946年から1974年までつとめた。

1951年から1956年にも再びカピターノとなり10度のパリオを走り、1度優勝を勝ち取った。1955年7月2日のパリオで33年振りの歴史的勝利を飾ったのである。馬はSturla,騎手はチャンコーネ。彼は亡くなるまでブルーコの名誉町内会長であった。

しかしパリオで彼が歴史に残るのは、ポデスタ(市長)として、1940年6月18日に「戦争による特別状況」のためパリオの中止を命令したことである。

彼はまた、シエナの商工会議所の会長でもあった。またシエナのロータリー・クラブの創設者でもあり、1970-71年会長をつとめた。いくつかの著作もあり、その1つは Uomini e Contrade di Siena. Memoria e vita di unatradizione cittadina という本に収められている。

1976年に、シエナ市の栄誉賞である Magia d'oro を授与されている。

|

« シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦 | トップページ | イタリアの若者:政治への関心強し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42214002

この記事へのトラックバック一覧です: シエナ最後のポデスタ死去(3):戦後:

« シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦 | トップページ | イタリアの若者:政治への関心強し »