« ニューズウィーク誌ベルルスコーニを礼賛 | トップページ | 第一試走、行われる »

2008年8月14日 (木)

カピターノの辞任

Moripometti_2 シエナのパンテーラ地区のカピターノ、アンドレア・モーリ=ポメッティが13日午後、辞意を表明した(コッリエーレ・ディ・シエナ、8月14日)。

馬の抽選・引き渡し直後のカピターノの辞任は誰の記憶にもない。極めて異例のことだ。

パンテーラにはイストリチェッドゥという馬が来た。パリオに関しては、デビュー馬であるが、実力はあるとの声もあった。しかし、パンテーラの騎手アンドレア・マーリにはこの馬は気に入らなかったようだ。

その間、トッレ(塔)地区からの要請をうけ、アンドレア・マーリはトッレの馬Gia' del Menhir に騎乗することが決まる。

パンテーラの騎手としてはヴァルテル・プッシェッドゥが来たのだが、この騎手交代がコントラダイオーリ(コントラーダの住民)には気に入らなかった。一部の人は反対であることを示した。

この事態をうけて、カピターノ、モーリ=ポメッティは辞意を表明したのである。13日の午後7時過ぎに実施された第一試走には、フランコ・カズが騎手をつとめた。

13日、午後10時過ぎから、パンテーラ地区では臨時集会が開かれ、カピターノの去就が論じられた。

パリオの規定は、明快である。第14条に、カピターノが欠けた場合には、プリオーレ(地区の会長)が代わることができ、プリオーレも欠けた場合には、代行(Vicario, プリオーレの補佐役)が代わることが出来る、とある。

現在パンテーラ地区の手持ちの騎手は、ヴァルテル・プッシェッドゥとフランコ・カズであるが、コントラダイオーリのお気に入りとは言えないようだ。

|

« ニューズウィーク誌ベルルスコーニを礼賛 | トップページ | 第一試走、行われる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42166592

この記事へのトラックバック一覧です: カピターノの辞任:

« ニューズウィーク誌ベルルスコーニを礼賛 | トップページ | 第一試走、行われる »