« パリオをめぐる情報 | トップページ | 教皇:新たな人種差別の誘惑にノー »

2008年8月17日 (日)

ボッシ、固定資産税の復活唱える

Boss140x180 北部同盟(Lega Nord)のリーダー、ウンベルト・ボッシが固定資産税(Ici, Imposta comunale sugli immobili) の復活を唱え、与党内に嵐を巻き起こした(8月17日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ボッシはIci のみが連邦主義的な税だとしている。

これに対し与党内では、特に国民同盟(AN)からブレーキがかかった。

民主党は、与党は混乱状態にあるとして非難している。

これに対し、ボッシは、「現在は市民は、12,13種類の税金を払っている。将来は、地方自治体の各レベルに1つずつ払うようにしたい」と修正した。つまり、州(regione)に払う税、県(provincia)に払う税、市町村(comune) に払う税(imposta) である。

ボッシの目標は、各自治体が財政的な独立性を持つことにある。

|

« パリオをめぐる情報 | トップページ | 教皇:新たな人種差別の誘惑にノー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42194051

この記事へのトラックバック一覧です: ボッシ、固定資産税の復活唱える:

« パリオをめぐる情報 | トップページ | 教皇:新たな人種差別の誘惑にノー »