« シエナ最後のポデスタ、死去(1):シエナ銀行の救済 | トップページ | シエナ最後のポデスタ死去(3):戦後 »

2008年8月19日 (火)

シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦

Siena シエナ最後のポデスタ(ファシズム期の任命制の市長)ルイージ・ソチーニ・グェルフィの生涯の事績の続きである(コッリエーレ・ディ・シエナ、8月19日)。

第二次大戦中、シエナは大きな不安の中で過ごしていた。結果的には、いくつかの例外的な事件を除いては、大きな被害を被らずに過ごせた。

この幸運の立役者は3人いる。大司教マリオ・トッカベッリ。県知事ジョルジョ・アルベルト・キウルコ、そして市長ルイジ・ソチーニ・グェルフィである。

県知事キウルコは、ポデスタの合意のもとに、シエナを《Citta’Ospedaliera》(病院都市)とし、歴史的中心街区が英米軍から爆撃されることを回避したのである。

そしてその後の内戦の時期、シエナにとってもイタリアにとっても暗く悲しい時期であったが、彼はシエナの人々に呼びかけた。信心深い彼は、ドゥオーモの誓願の聖母への行進を組織し、誓願の聖母にシエナ市の鍵をゆだね、テ・デウム(神の賛歌)を歌った。1944年6月18日のことであった。大勢の人が行進に参加した。この事実はドゥオーモ脇のプレートに刻まれている。

また、ソチーニ・グェルフィは、キウルコ県知事の保証を得たうえで、Guardia civica armata (武装市民警護隊)を組織した。これは全く、非ファシスト的組織で、レリオ・バルバルッリ将軍にその指揮がゆだねられた。

1944年7月3日、シエナに連合軍が入城した時、ルイージ・ソチーニ・グェルフィはパラッツォ・コムナーレの机にすわっていた。彼はすでに町に進軍中のフランス軍をコムーネに迎えいれることを拒絶し、パラッツォの大門を閉じて、黒シャツ(ファシストのシンボル)を着て、鍵を連合軍の司令官に渡した。この振る舞いは、彼自身によって何度も思い起こされたが、ファシズムとその理想への忠誠を示したのだとしている。

|

« シエナ最後のポデスタ、死去(1):シエナ銀行の救済 | トップページ | シエナ最後のポデスタ死去(3):戦後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42213846

この記事へのトラックバック一覧です: シエナ最後のポデスタ死去(2):第二次大戦:

« シエナ最後のポデスタ、死去(1):シエナ銀行の救済 | トップページ | シエナ最後のポデスタ死去(3):戦後 »