« タクシーにヴィデオカメラ | トップページ | アリタリア、再建計画をめぐり緊張 »

2008年8月 1日 (金)

リッコ、ドーピングを認める

Ricco イタリアの自転車選手リッカルド・リッコはドーピングを認めた(7月31日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

リッカルド・リッコは7月10日には、トゥール・ドゥ・フランスの6日目の競技で勝っている。

7月17日、ドーピング検査で陽性反応が出て、警察の取り調べをうけた。

リッコは、「エポ(薬物名)を使用した」と認めた。「トゥールに参加する前だ。疲れていた」と理由を説明している。

リッコはモデナ県フォルミジーネで1983年9月1日生まれの25歳(日本と異なり、誕生日前でも誕生日が近くなると繰り上げて、年齢を数えることが多い)。

ドーピングを認めたことで、リッコは1年半の競技出場停止の処分を受ける可能性がある。

|

« タクシーにヴィデオカメラ | トップページ | アリタリア、再建計画をめぐり緊張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42027952

この記事へのトラックバック一覧です: リッコ、ドーピングを認める:

« タクシーにヴィデオカメラ | トップページ | アリタリア、再建計画をめぐり緊張 »