« 「ファミリア・クリスティアーナ」誌、政府を批判 | トップページ | 第三試走、モントーネ落馬 »

2008年8月15日 (金)

カピターノ、辞意撤回

Pantera_siena シエナのパンテーラ地区のカピターノ、モーリ=ポメッティは辞意を撤回した(8月15日、コッリエーレ・ディ・シエナ)。

13日から14日にかけての深夜、パンテーラ(豹)のカピターノは辞意を撤回した。

ことの始まりは、パンテーラがイストリチェッドゥという馬を引き当て、その馬に対する評価が高い人もいたのだが、パンテーラが抱えていた騎手アンドレア・マーリは気にいらず、トッレが引き当てた馬ジャ・デル・メンヒールに騎乗したいと考え、それをカピターノが了承したことだった。

一部のコントラダイオーリ(コントラーダのメンバー)に強い不満を引き起こし、カピターノの決定に対する反対が、カピターノの辞意表明につながった。

パリオにおいてはカピターノは全権を掌握している。

カピターノの辞意撤回の結果、第二試走では、パンテーラの騎手は、ヴァルテル・プッシェッドゥ通称ビギーノになった。この騎手は、カピターノの選んだ騎手であり、モーリ=ポメッティは優秀な騎手と考えている。

|

« 「ファミリア・クリスティアーナ」誌、政府を批判 | トップページ | 第三試走、モントーネ落馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42175187

この記事へのトラックバック一覧です: カピターノ、辞意撤回:

« 「ファミリア・クリスティアーナ」誌、政府を批判 | トップページ | 第三試走、モントーネ落馬 »